環境への取り組み

残土のリサイクル

残土のリサイクルイメージ

当社では、土木工事や建築工事等で発生した残土を、盛土工事や埋立工事などで再利用しております。
副次的に発生した残土は、そのままでは軟弱で建築現場等での使用には適さない場合が多いですが、水分調整や粒度分別、生石灰添加などを施すことで、強度のある改良土として再利用することが可能です。
当社は残土(または改良土)の収集・運搬を行ない、さまざまな場面で必要とされる資材を運搬する、建築業界において重要な役割を担っています。

また、これまで埋め戻し作業等に使用される土は、山から採取した山砂を建築現場まで運搬し、不要な掘削発生土は産業廃棄物として処理されていました。
このような収集や運搬には、山を崩すことで生じる自然破壊、運搬時に発生する排気ガスの排出量など、様々な環境問題が指摘されていましたが、当社では残土を再利用することにより、環境への負荷の最小化に努めております。

残土の利用フロー

リサイクルフロー図

LOHAS(ロハス)

ここ数年で意識され始めた「LOHAS(ロハス)」。「Lifestyles Of Health And Sustainability」の略語で、健康な生活と地球環境の持続可能性を優先したライフスタイルの総称として注目されています。
私たち三光は、LOHASを意識した無公害で地球にやさしい、自然のものを有効利用して再活用した事業を行ない、積極的に自然環境の保護に取り組んでおります。 事業内容はこちら

  • 環境への取り組み
  • 業務内容
  • 採用情報

株式会社三光

〒351-0101
埼玉県和光市白子4-3-3
ドラゴンマンション西高島平
弐番館1F

お気軽にお問い合わせください

  • TEL.048-461-8268
  • FAX.048-461-8278

メールの方はこちら